家具移動業者

家具の移動は引越し一括見積りの活用を考えよう!

家具移動

 

家具、特に大型のベッドなどの家具になると一人で運ぶのは物理的に厳しいです。とはいえ家族に手伝ってもらうにしても、バランスを崩して怪我をするようなケースも少なくはありません。どこでどんな方法があるか?ですが、引越し業者に家具の移動を任すとうまくいきます。

 

引越し業者は家具一つでも嫌な顔ひとつせずに作業してもらえるので安心してください。かといって引越し業者1社だけに依頼すると高くなりますので、一括見積りサービスを利用して一番安い業者を使うと格安で家具の移動ができてお得です。

自分での引越しと業者での引越しはどちらに軍配?

家具移動業者

 

引越しを自分で行うか、業者に依頼して行うかという事は大きな選択です。かなり多額の費用が掛かることもあり、業者への依頼をためらう方もいるでしょう。できるなら自分でやりたいという希望を持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、一人で行えることには限りがあります。大きなものなど一人で持ち運ぶことが出来ないものについては人手が必要になります。そのようなときに友人などにお願いすると、お礼などが大変です。場合によってはお礼にお金や神経を使うことになり、思ったより負担が大きくなることもあるでしょう。それなら業者に依頼して済ませてしまったほうが良いこともあります。

 

また、引越し先までの距離が長い場合も、自分で複数回荷物を運ぶとなると交通費もかかることになります。距離が短ければよいですが、そうでない場合には一気に運んでしまったほうが手間も費用も抑えられることもあるのです。

 

そういったことを考えると、ある程度の金額であれば業者に依頼したほうが良いこともあります。まずは見積もりをしてみて、どれぐらいの費用が掛かるのかを聞いてみるとよいでしょう。長期間にわたると旧住居の賃貸費用などもかさみますから、短期で済ませられるという事もポイントとなります。

便利屋さんを探してきての引越し

家具移動業者便利屋

 

近距離の引越しなら、専門業者より自分でやった方が安くて都合も良い場合があります。そのため荷物が少ない一人暮らしの引越しでは、自分でやる人も珍しくありません。しかし自分で引越しをする場合は、荷物を運ぶ軽トラックなどの車と手伝ってくれる人を探さなければいけません。車はレンタカーを借りれば良いですが、問題は手伝ってくれる人でしょう。

 

たとえばスポーツをやっているなら力自慢の友人や知人がすぐに見つかりますが、そうでなければ一苦労します。周りに力自慢の友人知人はいない、そもそも引越しを頼めるほど親しい友人がいない場合には人を探すのが難しくなります。もし自分で引越しをしたいのに助けてくれる人が見つからないなら、便利屋さんに相談するのがおすすめです。便利屋さんの一部には引越し作業を依頼できる場合もあるので利用すれば手伝ってくれる人は見つかります。

 

車を借りてあとは人を集めるだけになったら、便利屋さんを利用して引越しすることも考えましょう。便利屋さんを利用してみると、専門業者に任せるより安くなる可能性はあります。どちらがお得になるのかハッキリさせるためにも、見積もりをとってから便利屋さんに頼むか決めて下さい。

自分で引越をした場合の初期費用

家具移動業者費用

 

業者に依頼した場合の引越しにかかる初期費用は約3万円から10万円ですが、自分で引越しをした場合の初期費用は0円からとなっています。その理由は簡単で、自力であるがゆえにコストを好きなように抑えられるからです。

 

例えば0円を目指す場合、引越し先に荷物を事前に宅配させて残りはキャリーバッグに積み込んで運搬します。電子レンジや箪笥などの家具や家電は後日、調達すれば実質引越しにかかるコストは0円です。もっとも自分で運搬をする際は車のガソリン代だけで、そのコストも約3000円から5000円と言われています。
ただし引越しにこだわる場合はコストが嵩むのがネックです。

 

業者に依頼すれば荷物の破損、床や壁の損傷に水漏れ事故などは起こらないものの、プロではない自分が行った場合はそうしてもそのリスクが高まります。かと言ってそのリスクを抑えようとすれば業者に依頼するよりもコストがかかってしまい、結局業者を利用した方がお得になりがちです。自力での引越しは初期費用はかなり低くできるものの、現実的なトラブルを避けるためには事前のシミュレーションが求められます。自分だけでなく、友人や家族など協力者を募る方法も良いうえに一般的です。

大手の引越し業者と地元の引越し業者の違い

家具移動業者違い

 

引越しをすることに決めたら、どの業者に依頼するかを考えなければなりません。運ぶ荷物が少ないときや、手伝ってくれる知人が多かったりするときは、自分の力だけで作業することも可能です。しかし一般的には、専門の業者の力を借りる方が効率的だといえます。依頼する相手を探す場合、大きく分けると2つの方法があります。

 

1つは大手を当たること、そしてもう1つは自分が住んでいる地域で活動している業者を当たることです。どちらがよいか一概には言えないのですが、基本的には現在の住所と引越し先の住所がどれだけ離れているか、運んでもらう荷物がどのくらいか、という2点を意識して決めるようにします。大手を選んでおいた方が安心できるという考え方もありますが、大手か地元かによって料金が大きく変わることがあるため、安易に決めてしまうのは危険です。できるだけ安く済ませたいと思っているのなら、しっかりと料金を比較しなければなりません。

 

それほど頻繁に引越しをしない人であれば、多少の出費があっても構わないと考えるものですが、頻繁に引越しをする人の場合は重要な問題です。大手の方が高めになってしまう可能性があるため、近い場所での引越しなら地元の業者を選ぶ方がお得になります。

引越し業者が荷物を紛失した場合の対処

家具移動業者荷物

 

引越しでは、大量の荷物が移動するので、その過程で紛失することはときどきあります。もちろん、お金を払って引越し業者に任せているのだから、最後まで責任を持って欲しいところですが忙しい作業の中で、ミスを完全になくすことは難しいです。

 

ならば、その紛失した荷物について弁償をしてもらえるのかというと、引越し業者が加入している保険で補償されます。ただし、購入したときに支払った全額をもらえるかわけではなく、紛失した品物を使用した年数に応じて金額が少なく計算されます。また、紛失した事に気がついてから時間が経過していると、弁償をしてもらうことはできません。たいていの場合には引越しから3ヶ月以内に申し出なければいけません。

 

ちなみに、貴金属や債券など価値のあるものは、依頼者が自分で運ぶようにすすめられます。もし、何も言わずに高価な品を普通の荷物に紛れ込ませて、紛失したときには引越し業者の方では責任をとってくれません。保険も補償の対象外にされるので、他人に任せるべきではありません。もし、引越し業者が荷物を紛失したのにも関わらず、弁償しようとしなければ泣き寝入りをすることなく警察に盗難届を提出したり国民生活センターのような相談窓口に話をしにいきましょう。

トップへ戻る